南大泉地域が目指す「農のある暮らし」

農の会話を通して市⺠を繋ぐ町作りを

  • 多様な機能を活かすにはゾーンを作り、畑毎に特性を発揮する
    → 永続的に農地が残せる可能性がある農の⾵景育成地区制度を活⽤する
  • 市⺠参加が⽋かせない
    → 都市農業の⽀持を得る、市⺠が耕す
  • ネットワークで繋ぐ
    → 農地のない地域と結ぶ
  • 地域活動と農を結びつける
    → 町の多様性を活かす
  • NPOなどが活躍できる仕組み
    → 働きながら参加する
  • 市⺠が畑に⾃由に⼊れるスペースの確保
    → 農業体験農園に利用者以外の市民が触れ合う仕組みづくり
  • 新規就農者が実践できる畑
    → 学校給食への食材提供、直売
  • ⼦ども⾷堂との連携
  • 新鮮野菜果樹の直売所(7か所)が多く、ビーガンにオススメの町
    → 魅力を情報発信
  • 定年退職者が農を通じて地域貢献
  • 町全体で市⺠と共に農の多様な機能を発揮して⽣かす
  • 地域資源をどう活かすか⼤学や関連団体との連携(発想、分析、デザイン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です